FX移動平均線 活用ガイドTOP > FX 移動平均線 > FXの移動平均線を使うメリットとデメリットは?

FXの移動平均線を使うメリットとデメリットは?について

 

移動平均線を用いるメリットは相場のトレンドが分かりやすいということでしょう。

 

レートの変動は非常に細かいために、細かい動きを見ているだけでは大きな動きをつかむことができないでしょう。

 

これを可能にするのが移動平均線です。

 

トレンドの定義は色々ありますが、その一つとして移動平均線よりも上にある状態を指すというものがあります。

 

5日移動平均線よりもレートが上にある場合、過去5日の平均よりも上昇する力が強いといえるでしょう。

 

これを利用すれば移動平均線よりもレートがどれだけ上にあるかを見るだけで上昇圧力を測ることもできるようになってくると思います。

 

しかしデメリットもあります。

 

例えば移動平均線よりも上にある場合には、上昇圧力が強いと見る人多いようですが、逆に割高だと考える人もいるようです。

 

過去5日間のレートよりも高いということは、過去5日間に比べて割高だと言うのと同じではないでしょうか。

 

株式などと比べれば、FXはトレンドが継続しやすいという傾向があります。

 

上昇を始めれば一方的に上昇を続け、下降が始まれば一方的に下降し続けるという傾向は株式などと比べて顕著でしょう。

 

ですから、移動平均線より上にあれば上昇、下にあれば下降と判断するのが良い場合が多いと思います。

 

しかしトレンドが明確ではない場合にはこれは通用しません。

 

通用しない場合もありますから、移動平均線だけを頼りにしても売買するのはリスクが大きいでしょう。

 

FX 移動平均線記事一覧

FXの移動平均線を使うメリットとデメリットは?

移動平均線を用いるメリットは相場のトレンドが分かりやすいということでしょう。レートの変動は非常に細かいために、細かい動きを見ているだけでは大きな動きをつかむことができないで...

FXで移動平均線と相性の良いテクニカル分析と理由は?

移動平均線と相性の良いテクニカル指標としてはRSIやストキャスティクスなどがあります。相場の張り方には順張りと逆張りとがあります。順張りとは上昇トレンドを確認してか...

FX移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスってなに?

移動平均線は期間の取り方によって色々な変化を見せますが、期間の異なる移動平均線を複数表示させることによってより多くの情報を得ることができるでしょう。長期移動平均線として25...

FX移動平均線で設定する期間でオススメなのは?

移動平均線の期間の取り方はトレーディングスタイルによっても異なります。例えばデイトレードやスキャルピングをする場合には日足を見て大きな流れをつかむことはあったとしても、売買...