FX移動平均線 活用ガイドTOP > FX 移動平均線 > FXで移動平均線と相性の良いテクニカル分析と理由は?

FXで移動平均線と相性の良いテクニカル分析と理由は?について

 

移動平均線と相性の良いテクニカル指標としてはRSIやストキャスティクスなどがあります。

 

相場の張り方には順張りと逆張りとがあります。

 

順張りとは上昇トレンドを確認してから買いポジションを持ち、下降を始めれば売りポジションを持つという張り方です。

 

もう一つは逆張りです。

 

トレンドレスな場合には上げれば売って下げれば買うというように、レートの変動とは逆の売買をするために逆張りといわれています。

 

テクニカル指標は順張りに適したトレンド系と逆張りに適したオシレーター系があります。

 

移動平均線は、基本的には相場の大きな流れを見るためのものですからトレンド形のテクニカル指標に属します。

 

トレンド系のテクニカル指標は移動平均線以外にもいくつかありますが、トレンド系のテクニカル指標ばかりを集めるのは効果的ではないでしょう。

 

トレンド系のテクニカル指標と併用したいのがオシレーター系のテクニカル指標です。

 

長期的なトレンドが上昇であるときに、一時的な下げを捉えることができればパフォーマンスを高めることができると思います。

 

このように、性質の異なるテクニカル指標を組み合わせることによって慎重な投資ができると言えるでしょう。

 

オシレーター系のテクニカル指標の代表といえばRSIとストキャスティクスです。

 

使いやすさで言えばRSIが一番でしょう。

 

RSIと移動平均線を組み合わせるというのは、もっとも基本的なやり方でしょう。

 

まずは移動平均線とRSIの組み合わせから始めてみるのが良いと思います。

 

FX 移動平均線記事一覧

FXの移動平均線を使うメリットとデメリットは?

移動平均線を用いるメリットは相場のトレンドが分かりやすいということでしょう。レートの変動は非常に細かいために、細かい動きを見ているだけでは大きな動きをつかむことができないで...

FXで移動平均線と相性の良いテクニカル分析と理由は?

移動平均線と相性の良いテクニカル指標としてはRSIやストキャスティクスなどがあります。相場の張り方には順張りと逆張りとがあります。順張りとは上昇トレンドを確認してか...

FX移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスってなに?

移動平均線は期間の取り方によって色々な変化を見せますが、期間の異なる移動平均線を複数表示させることによってより多くの情報を得ることができるでしょう。長期移動平均線として25...

FX移動平均線で設定する期間でオススメなのは?

移動平均線の期間の取り方はトレーディングスタイルによっても異なります。例えばデイトレードやスキャルピングをする場合には日足を見て大きな流れをつかむことはあったとしても、売買...