FX移動平均線 活用ガイドTOP > FX 移動平均線 > FX移動平均線で設定する期間でオススメなのは?

FX移動平均線で設定する期間でオススメなのは?について

 

移動平均線の期間の取り方はトレーディングスタイルによっても異なります。

 

例えばデイトレードやスキャルピングをする場合には日足を見て大きな流れをつかむことはあったとしても、売買する瞬間には1分足や5分足を表示させていると思います。

 

スイングトレードをするときには日足を見て売買することが多いでしょう。

 

このように、レートを表示する期間はトレーディングスタイルによって異なります。

 

では移動平均線はどうやって表示すればよいのでしょうか。

 

期間の選び方はトレーダーによって異なるようです。

 

移動平均線を取る期間ですが、これは好みで選んでも良いでしょう。

 

例えば「ドル円は7日移動平均線が最も相性が良い」などと言う人もいますし、期間の取り方の相性を詳しく解説している人もいるようです。

 

しかし、移動平均線をトレンドの判断に使うのなら細かい設定は必要ありません。

 

長期として25、短期として5を取るのが基本で期だと思いますが、フィボナッチ数である13と5を取る人もいるでしょう。

 

あるいは、75、25、5というように長期、中期、短期の3つの移動平均線を表示させるのも効果的です。

 

最近のチャート表示ソフトは非常に優秀ですから、例えば5を指定した場合、日足なら5日移動平均線を表示してくれますし、15分足を表示すれば自動的に5×15分移動平均を表示してくれます。

 

ですから5、25、75の3つを表示しておけば色々な期間に応用できるでしょう。

 

FX 移動平均線記事一覧

FXの移動平均線を使うメリットとデメリットは?

移動平均線を用いるメリットは相場のトレンドが分かりやすいということでしょう。レートの変動は非常に細かいために、細かい動きを見ているだけでは大きな動きをつかむことができないで...

FXで移動平均線と相性の良いテクニカル分析と理由は?

移動平均線と相性の良いテクニカル指標としてはRSIやストキャスティクスなどがあります。相場の張り方には順張りと逆張りとがあります。順張りとは上昇トレンドを確認してか...

FX移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスってなに?

移動平均線は期間の取り方によって色々な変化を見せますが、期間の異なる移動平均線を複数表示させることによってより多くの情報を得ることができるでしょう。長期移動平均線として25...

FX移動平均線で設定する期間でオススメなのは?

移動平均線の期間の取り方はトレーディングスタイルによっても異なります。例えばデイトレードやスキャルピングをする場合には日足を見て大きな流れをつかむことはあったとしても、売買...